銀座交通デザイン社について

当社は、2002年設立のデザイン会社です。 建築CG制作・DTPデザイン・ウェブサイト制作・ウェブシステム開発などを経て、2006年に鉄道駅向け旅客案内デザインに参加。これ以降、多くの交通向けデザインを手掛けてきました。
現在は、日本鉄道発祥の地に程近い東京銀座に本拠を構えているほか、世界一の鉄道大国である中国の上海及び青島に連絡拠点を設けています

 

会社概要

沿革
2000年6月1日 創業
2001年7月 東京銀座にサテライト事務所開設
2002年2月28日 法人設立(マジケ合資会社)
2002年 au EZwebでの公式コンテンツ配信に参入(Fotociclismoイタリア書房EZ支店などを自社運営)
2003年3月 宇都宮市起業家支援施設(宇都宮ベンチャーズ)へ移転
2004年6月 地域産業創生事業(栃木県)採択
2006年 大阪市営地下鉄中央線で鉄道表示デザインに参入
2007年9月 宇都宮市中央5丁目釜川沿いへ移転
2009年6月 Flashベースのデジタルサイネージシステム「Lxwall®」を運営開始
2011年6月 サポートユアビジネス事業(栃木県)採択
2011年8月 自社製品(共同開発)として、LED街路灯一体型電気自動車充電器「EEL-001(初期型)」を発売(トレたまGIGAZINEなど各メディアで紹介、東京モーターショー2013招待出品など)
2011年10月 東京デザインマーケット(日本デザイン振興会、東京都)公募に入選
2012年5月 自社製品(共同開発)として、木製デジタルサイネージ外装「Lxwall Jacket」を発売(木材活用コンクール 特別賞受賞
2012年10月 宇都宮から東京銀座へ本拠地を移転
2012年11月 日本インダストリアルデザイナーズ協会60周年記念事業「これからのくらし展」(新宿リビングデザインセンターOZONE)に出展
2013年2月 設立10周年記念展「交通のデザイン2012-2022 ~2052年からの回顧展~」を、銀座奥野ビルで開催
2013年4月 日本鉄道技術協会 日本鉄道サイバネティクス協議会創立50周年記念懸賞論文「未来の鉄道システム」にて入賞
2014年1月 自社製品(共同開発)として、多機能電気自動車充電器「EEL-011Λ」を発売
2014年5月 中国上海市南京西路にサテライト事務所開設(契約終了)
2014年5月 小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)採択
2014年9月 FBC上海2014(中国上海)出展
2015年6月1日 カンパニー設立(マジケ合資会社 銀座交通デザイン社)
2015年5月 小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)採択
2015年8月 サイン&ディスプレイショウ2015(東京ビッグサイト)出展
2016年2月29日 商号変更(銀座交通デザイン社合資会社)
2016年7月 自社製品として、多言語サイン「XPANDサイン」シリーズ発売
2016年8月 当社がデザインを担当した東京メトロ「新型行先案内表示器」発表(IIID賞 2017入選)
2016年8月 サイン専用多言語対応・情報拡張ソリューション「XPANDコード」を開始
2017年5月 XPANDコードを世界最大の公共交通展示会「UITPサミット2017」にて展示
2017年9月 XPANDコード事業等を手掛ける「XPAND株式会社」を設立し、開発・運営など中核業務を移管
関連会社 XPAND株式会社
所属経済団体等 東京商工会議所 会員(中央支部)
中央区観光協会 会員
お問い合わせ tel: 03-5537-6820
fax: 020-4664-6408

 

代表者

代表者 南木 徹(社長)
産業デザイナー
(公社)日本サインデザイン協会 正会員
(公社)日本インダストリアルデザイナー協会 正会員
(一社)日本鉄道技術協会 会員
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務・ブランド専門業務)
高度情報処理技術者 情報セキュリティアドミニストレータ
専門活動・公的活動など 日本サインデザイン協会 デジタルサイネージ調査研究委員会(終了)、同 鉄道駅調査委員会(終了)
日本インダストリアルデザイナー協会 職能委員会
知的財産教育協会中小企業センター 政策検討WG(終了) 他
(公財)栃木県産業振興センター 登録専門家(デザイン)
略歴 早稲田大学法学部/東京理科大学工学部第二部建築学科卒、いすゞ自動車株式会社を経て現職